本文へジャンプ
ななきの家/プライムタイムおしの

ななきの家

ななきの家について

小規模多機能型居宅介護とは

小規模多機能型居宅介護とは、通所を中心に、宿泊と訪問を組み合わせ、24時間365日の安心をお届けするサービスです。

お食事は、安曇野コシヒカリをはじめとした地場産の食材を中心に、専門の調理師がお一人お一人にあった形態で提供します。

広い敷地や、併設のマレットゴルフ場を活用し、幅広い活動をご提供します。

小規模多機能型居宅介護の説明

  • 玄関アプローチ
  • 外観と畑

提供できるサービス

  • ななきの家での身体介護・生活支援
  • 健康チェック
  • お食事(朝食・昼食・夕食・おやつ)
  • 機能訓練
  • 入浴
  • 趣味・娯楽活動
  • ご自宅までの送迎
  • 宿泊サービス
  • ご自宅(プライムタイムおしの含む)での身体介護・生活援助・安否確認
  • 外出支援
  • 夜間の緊急時応対(訪問・電話相談)
  • ケアプラン作成
  • 介護保険の手続き代行
  • ご自宅への配食サービス(ご家族分含む) ※制度外の自主事業です

サービス提供地域

安曇野市内で、ななきの家より半径およそ5km以内

目安としては明科全域・豊科光・豊科南穂高・豊科北穂高ですが、詳細はご相談ください。

協力病院

安曇野赤十字病院、医療法人仁雄会穂高病院、安曇野ななき診療所、松村歯科医院、医療法人民蘇堂あかしな野中眼科医院、医療法人健明会やざき診療所、伊藤医院、塔の原内川医院、根津内科医院、石田歯科医院

施設概要

登録定員: 29名(通所定員: 15名・宿泊定員: 5名)

ななきの家見取り図

ななきの家見取り図

利用料のご案内

介護保険自己負担分(月額)

利用料金 利用者負担
要支援1 51,142円 5,114円
要支援2 88,523円 8,852円
要介護1 146,013円 14,601円
要介護2 198,167円 19,817円
要介護3 272,357円 27,236円
要介護4 296,976円 29,698円
要介護5 323,865円 32,387円

※各種加算を含めた目安の金額です。他に認知症加算ⅠⅡ、看取り加算をいただく場合があります。

自費負担分

食事代 600円/1食 (朝・昼・夕)
おやつのみ 100円
宿泊代 3,500円/1泊
その他 おむつ代、洗濯代、レクリエーション費用、サービス提供地域外の訪問・送迎の交通費 など

食事のこだわり

ななきの家では、配食サービスに対応できる専用の厨房を備え、
割烹等での経験豊富な調理師や郷土食の得意なベテラン主婦等が365日3食、専門に調理しています。

  • 誕生日の希望献立
    「誕生日の希望献立 普通食」
  • いなりすし
    「誕生日の希望献立 普通食」
  • ペースト食
    「誕生日の希望献立 ペースト食」

※ななきの家ではペースト食の方も、なるべく他の方と同じものをミキサーにかける等して提供しています。(レトルト食品等は使用しません)

食事は小規模多機能の食堂とプライムタイムおしのの食堂の2カ所で、お仲間と一緒に食卓を囲んでいます。

  • 季節の食材、郷土のメニューを献立に取り入れています。自家製菜園の野菜(無農薬)もできるだけ使用しています。
  • ご飯は、安曇野コシヒカリを使用し、毎回フロアで炊きたてを提供しています。
  • 味噌は、南穂高の俵屋(麹専門店)の味噌を使用しています。
  • 毎週後半に提供する豆腐は、ま・めぞん(安曇野市社協・障がい者就業支援事業所)の安曇野市産大豆で作った「ぎゅぎゅっと濃厚絹ごし豆腐」です。
  • 腸の健康のため、毎日朝食時には、食物繊維補給のため味噌汁に糸寒天を入れ、乳酸菌補給にヤクルトライトを提供しています。
  • 利用者様の誕生日には、その方の好物を誕生日メニューとして提供し、皆でお祝いしています。

周辺環境

安曇野の雄大な自然の中で、人とのふれあいを楽しみながら暮らす。
プライムタイムおしのは、そんな贅沢な時間をお約束します。

目の前に広がる安曇野の四季のうつろいを楽しみながら、より安全で楽しく快適な暮らしを実現できる賃貸住宅です。
ご入居者が安心して暮らして頂くために、管理人が常駐、24時間即応体制をとっています。

また、コミュニティスペースを設けておりますので、ご家族やお友達との面会や、ご入居者同士のふれあいの時間も楽しんで頂けます。

施設内には、マレットゴルフ場や娯楽室・茶室を備え、極上の時間を優雅にお楽しみ頂けます。マレットゴルフ場は一般開放しておりますので、地域の方との交流も楽しめます。

お問い合わせ先

おしの&ななき便り

フォトアルバム

ななちゃん携帯待受プレゼント

ちくま精機

このページの先頭へ戻る